クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

いつまでシナリオ通りにさせますか?


突然ですが、日本解放工作要綱というのを知っていますか?そのシナリオ通りに事が運んでいるように感じます。
今は、下記紹介の「A-2.解放工作組の任務 ロ.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)」といった段階かと思います。
是非下記の情報については時間を取って参照いただきたい。そうも時間の取れない方は、少なくとも下記の「B.工作主点の行動要領」に並ぶ項目だけでも見ていただいた後に、さらに下側の動画を参照いただきたい。
※内容は國民新聞より引用。引用内のリンクは拙ブログによるものです。
中国共産党

日本解放第二期工作要綱

中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書。

内容は中国共産党が革命工作員に指示した陰謀で、当時から現在に至る迄、中国の対日謀略は秘密文書の通りに続いているとみられる。

同年8月、国民新聞社は特集記事を掲載し、更に小冊子を発行したが、重要と思われるのでここに再録する。



目次

A.基本戦略・任務・手段

 A-1.基本戦略
 A-2.解放工作組の任務
 A-3.任務達成の手段

B.工作主点の行動要領


第1.群衆掌握の心理戦

 1-1.展示会・演劇・スポーツ
 1-2.教育面での奉仕

第2.マスコミ工作

 2-1.新聞・雑誌
 2-2.テレビとラジオ
 2-3.出版(単行本)
 2-4.マスコミ部を設置し、諸工作を統轄

第3.政党工作


 3-1.連合政府は手段
 3-2.議員を個別に掌握
 3-3.招待旅行
 3-4.対自民党工作
   A.基本方針  B.手段
 3-5.対社会・公明・民社各党工作
   A.基本方針  B.手段
 3-6.「政党工作組」で統轄

第4.極右極左団体工作

 4-1.対極右団体工作
 4-2.対極左団体工作

第5.在日華僑工作

 5-1.華僑の階級区分
 5-2.工作の第一歩・・逃亡防止
 5-3.工作の第二歩・・青少年把握
 5-4.国籍の取得
 5-5.中国銀行の使用を指定
 5-6.政治・思想教育
 5-7.「華僑工作部」で統轄

C.統轄事項

 C-1.派遣員数・身分・組員の出身
 C-2.経費
 C-3.指令・関係文献の取扱い

さて、どうでしたか?
筆者の子供のころを思い返すと、上野動物園のパンダブーム、堺正明主演の西遊記、京劇、いろいろ中国が良いというテレビ番組があったように記憶しています。
日本解放第二期工作要綱を見た後では、日本解放第二期工作要綱に則ってシナリオが展開されたように感じます。







さて、この日本解放第二期工作要綱を真似ていると思われるのが、韓国ではないでしょうか?
韓国の反日は、共産党の流れを汲む韓国の全国教職労働組合会よるものだから、韓国にも日本解放第二期工作要綱があると思います。韓国ドラマ、韓流スター、韓国ブーム、韓国料理、韓国旅行など、流れや展開もそっくりではないでしょうか?
今、日本は侵略戦争を仕掛けられていると感じます。その相手は、中共、韓国、その源流であるコミンテルン(共産主義)ではないかと考えます。
工作要領に照らし合わせれば、中韓擁護の偏向報道や中国・韓国ブームなど垂れ流し状態の既存マスコミは既に掌握されていると見て間違いないでしょう。
少々の愛国心を語ると極右(所謂、右翼団体)のように扱われ、平和を語り始めると憲法9条に突っ走り、第4.極右極左団体工作のままではないでしょうか?

今年は、
・日米安全保障条約改定50年、節目を迎えさらに中国寄りになりそうな民主党政権。
・日韓併合から100年を迎え、韓国では天皇陛下の初の訪韓での「植民地支配への謝罪」実現に向け、全力を出して来ることでしょう。それに加担しそうな民主党政権。

戦後五十周年の終戦記念日という節目では、連立政権で社民党の村山富市内閣総理大臣による村山談話という悲劇がありました。2010年は、日米安全保障条約改定50年、日韓併合から100年、このように大事な節目の時に、民主党の鳩山政権です。
鳩山談話・小沢談話みたいなことしないよう、とにかく何もしないでくれと祈るばかりです。
傀儡政権
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

コメント

No title

小沢のおやじに物見遊山を兼ねて文句を言いに行く正月ツアーの人員募集記事
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52408154.html
サンケイ記事によると元日から私邸周辺でシュプレヒコールが飛んでるらしいけど。そのうちにシュプレヒコールが早朝のニワトリの鳴き声の代役を果たす日が来てもおかしくはない。国民の1人として門前に大便の一つも垂れたいと思うのは自分だけではないだろう(エッ、オレだけ?)|

Re: No title

コメントありがとうございます。
しかし、私邸を取り囲んでのシュプレヒコールは、逆効果になったのではないかと危惧します。
愛国心ある人に呼びかけ動員してのシュプレヒコール。年明け早々に、野原の一軒家でもないでしょうし、一般の人の目には、右翼団体と大差なく映ったのではないでしょうか?
つまり、愛国心云々ということに関わらない方が身のため、愛国心や売国議員などの単語を耳にするだけでも嫌悪感を抱くように仕向ける。銃弾を送りつけるような行動もその一つでであろうと思います。
それこそ、日本解放工作要領の「第4.極右極左団体工作 4-1.対極右団体工作」の狙いに乗らされているのではないかと思いましたが、どうでしょうか?

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。