クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

しばらく休載します

人の考えの及ばせられる範囲の被害、そんなことを遥かに越える事態を想像しておくことは無駄にはならないだろう。その想像を越えて、はじめて想定外といえるのではないだろうか。
“南海トラフ巨大地震”で死者32万人想定
2012/08/30 マイナビニュース

静岡県・駿河湾から九州沖を震源とする「南海トラフ」の巨大地震について、国の2つの有識者会議は29日、太平洋岸では震度7の激しい揺れと最大で34メートル(m)の津波が襲い、最悪の場合、死者数は32万3000人に上り、238万6,000棟が倒壊・焼失、流失するなどの被害想定を発表した。早めの避難や耐震化対策などで、被害は大幅に減らすことができるとしている。

専門家からなる2つの有識者会議は、内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」(座長、阿部勝征・東京大学名誉教授)と中央防災会議の「南海トラフ巨大地震対策ワーキンググループ」(主査、河田惠昭・関西大学教授)。同検討会は今年3月に一部公表した震度や津波の高さを見直し、同ワーキンググループでは死者数や建物などの被害を推定した。今回の想定では、南海トラフ陸側の複数の震源域が連動してマグニチュード(M)9クラスの地震が発生した場合を仮定し、発生の季節や時間帯などを変えた複数のケースを考慮した。

このうち、津波の高さは高知県の黒潮町と土佐清水市で最大34mとなり、8都県23市町村で20mを超える。浸水域は24都道府県の1,015平方キロメートルに及び、これは東日本大震災の1.8倍の広さ。死亡率が高まる水深1m以上は、602平方キロメートにもなるという。

死者数が最悪となるのは、在宅率の高い冬の強風の深夜に、駿河湾から紀伊半島沖の領域で地震が発生した場合で、23万人が津波によって死亡し、8万2,000人が建物倒壊、1万1,000人が火災で死亡する。建物の全壊・焼失が最悪となるのは、暖房や調理の火を使う冬の強風の夕刻に、四国沖から九州沖での発生ケースで、揺れで134万6,000棟が倒壊し、火災で74万6,000棟が焼失、さらに津波で15万4,000棟が流失する。

今回の被害想定では、防災対策による減災効果も示している。多くの人が迅速に避難し、「避難ビル」などを利用した場合は、津波の犠牲者は80%少なくなり、建物の耐震化率を現状の79%から100%に引き上げれば、建物倒壊は40%減らせ、死者数も大幅に減らせるという。
図は岐阜新聞Webより図は、岐阜新聞Webより
巨大地震が実際に起きた場合、地震の直接被害だけでなく、火事場泥棒的に日本の領土を我が物にしようとする不届きな国があるかもしれない。そんなことはないだろうとお花畑な思考で終わらせずに、そういうことも想定に入れておく必要があるように思う。
東日本大震災の時に米軍がいち早く乗り込んで来たのにはそういう背景もあったかもしれないですね。

備えがどこまで役に立つか、備えを活かせるところに居るのか、下手な考え休むに似たりである。今やっておくべきことは、それぞれにあるはず、今はそれをやっておきたい。
と色々と探していたら、今の心境を表すにちょうどよいページを見付けました。
こちらの『わかめ福祉会の理念』に書かれている『日本の心』『日本魂』です。このような心・魂になっておきたいものです。

ということで拙ブログですが、本記事も以て再開は神のみぞ知るといった感じで、しばらく休載することにいたしました。
皆様、ここまでお付き合い下さり、誠にありがとうございました。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : え!本当!? - ジャンル : ニュース

コメント

No title

悲しい記事です。

巨大地震は本当に怖いです。
次回の記事をまってます。
( ^)o(^ )ふぁいと

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。