クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

「労働なき富」が悪事を産み出すのかも

鳩山首相は、施政方針演説の中でガンジーを引き合いに『資本主義社会を維持しつつ、行き過ぎた「道徳なき商業」、「労働なき富」を、どのように制御していくべきなのか。人間が人間らしく幸福に生きていくために、どのような経済が、政治が、社会が、教育が望ましいのか。今、その理念が、哲学が問われています。』と演説しました。
「労働なき富」は、国籍要件や親子関係の要件を明確に定義していない「子ども手当法案」に当てはまりそうに思う。「労働なき富」に「道徳なき商業」がたかる。まさに紹介する特集が示すように悪いことを考え出す人がいる。
極端なことかもしれないが、この記事の「生活保護」を「子ども手当」と置き換えてみると。同じように新たな悪事を考え出す人も出てきそうで心配だ。
■「生活保護の闇」 大阪市・平松市長が改善指示
01/29 19:01 MBSニュース

 VOICEのシリーズ「生活保護の闇」で指摘した大阪市の生活保護の問題について、平松市長が早速、改善に乗り出す方針を示しました。

 生活保護を申請して新規の賃貸住宅に住む際、生活費とは別に入居する際の敷金などのために一時金が役所から支払われますが、大阪市は上限が家賃扶助の7倍にあたるおよそ30万円と全国最高となっています。

 VOICEは、ホームレスをスカウトし敷金・礼金のいらない住宅を仲介しながら、チェックが厳しいとされる西成区役所とは別の役所で一時金を申請させ、その金を得ている業者の実態を初めて明らかにしました。

 この報道を受け平松市長は・・・

 「日頃慣れていない区役所の窓口で申請されるがゆえに7か月を出してしまっている。これは止めます」(大阪市 平松邦夫市長)

 また生活保護費が違法賭博や覚醒剤に流れ、暴力団の資金源になっていることについても、警察と協力して対処していく方針を明らかにしました。
この改善指示の元になった関西方面のテレビ番組「VOiCE」の、「生活保護の闇」という特集記事。現時点でシリーズ5回の3回までを読むことができる。
■「生活保護の闇【1】追跡!街頭スカウトの狙い!?」 2010/01/26 放送

 不況の影響で増えている生活保護受給者。
 収入を無くした人たちなどを守る大切な公的扶助制度なのですが、一方で膨れ上がる生活保護費が自治体の財政を圧迫しているのも事実です。
 シリーズ「生活保護の闇」は5回にわたって、生活保護費という公金の行方を検証します。
 1回目は大阪・西成区に暗躍する男達、内部資料と追跡取材で闇の実態解明に挑みます。
(つづきはソースで)
■「生活保護の闇【2】『囲い屋』からのがれられない!」 2010/01/27 放送

 2回目は、ホームレスの人たちに支給された生活保護費のほとんどを吸い取ってしまう「囲い屋」と呼ばれる貧困ビジネスです。
 生活保護費は大阪市だけでも2,800億円を上回る見通しで、問題の広がりと共に「囲い屋」を包囲する動きも出始めました。
 VOICEの取材班が、渦中の「囲い屋」代表を直撃です。
(つづきはソースで)
■「生活保護の闇【3】潜入!! 西成の“賭場ストリート”」 2010/01/28 放送

 3回目は、闇の勢力に吸い込まれていく生活保護費の実態を取り上げます。
 増え続ける大阪市の生活保護費は2、800億円となり、一般会計の15パーセントという巨額の負担となっています。
 そしてこれらの税金が博打や薬物に消えていく様子を私たちVOICEのカメラが潜入取材で捉えました。
(つづきはソースで)
生活保護は本当に必要な方のもとに渡り、悪事に利用されないような仕組みが必要だと思う。 応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。