クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

嗚呼、日中歴史狂同研究

中国は、日本の政権批判に繋がる歴史評価ばかりをするくせに、自国に不利なことは断じて拒否します。また、自国内にも伝えることもありません。一般の中国国民は、巨額のODAが日本から出ているものとすら知らない知らないと思います。そもそも、日中間のいわゆる「歴史問題」が、決して学術問題など出なく、中国が日本叩きの「政治カード」でしかありません。
日中共同研究において、共産主義中国の研究者が政府の方針に反する自由な研究をすることなど不可能なことは自明のことです。中国共産党に政治利用されるのみで、学術的にも成果があると思えません。日本にとっての何らメリットもないことは明らかです。
日中歴史共同研究委員会の結果については、日本が国として認めるたものでは無いと、いち早く内外に公言するべきと考えます。日本側から参加している当事者の方々から、是非そのように発表をしてもらいたいです。日本の将来に禍根を残すようなことはしないように、細心の注意を払ってほしいものです。
日本が侵略認めると強調 中国紙、歴史研究で
2010.2.1 13:01 産経ニュース

 1日付の一部中国紙は日中両国の有識者による歴史共同研究の報告書公表について「日本側は対中戦争の性格を侵略戦争と認めた」(新京報)などと両国が一致した点を重点的に伝えた。一方、共産党機関紙、人民日報や光明日報など党や政府の影響力が強い新聞は、報告書公表を一切報じていない。

 新京報は南京大虐殺についても「(日本側は)集団虐殺事件と認めた」と報じ、日本で侵略戦争の責任を否定する傾向がある中で学術的に共通認識が深まったことは両国関係に有益との中国側研究者の見解を紹介した。

 両国間で隔たりのある南京大虐殺の犠牲者数について日本側が「4万人、2万人などさまざまな推計がある」と記述したことには触れなかった。(共同)
本は国の歴史感、産党に意する研究にならぬようにして欲しいものです。
日本側参加者はその名を後世に汚名として残すか?英雄として名を残すか?自己の利益か?日本の利益か?自ずと答えは判ると信じたい。

そして、こちらの記事も中国共産党の本性を伺えるニュースです。NHKの海外向け放送すら中国国内に見せないように遮断できる中国当局です。これこそ一党独裁で、選挙のない国の実態の一部です。
日中歴史共同研究:内容報道のNHK放送 中国国内で遮断
2010年1月31日 22時59分(最終更新 2月1日 10時02分) 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】中国国内で31日夜、日中歴史共同研究について報道したNHKの海外向け放送の画面が真っ黒になり、数秒にわたって視聴できなくなった。公表が見送られた戦後史に関連する天安門事件(89年)の映像を中国当局が遮断したためとみられる。

 中国メディアは同日夜、「日中歴史共同研究委員会」が報告書を初めて発表したとのニュースを簡単に報じているが、詳しい内容は一切伝えていない。研究内容が国内に波紋を広げ、中国政府批判につながることを警戒している模様だ。
こういうことを行える国との共同研究、誤った歴史認識の固着させる政治利用が明らかである。日本の将来のことを真剣に思うのであれば、研究成果に意味を持たせてはならないと思います。

日本側の学者等のリスト外務省: 日中歴史共同研究(概要)

日中歴史共同研究 日本側事務局
事務局長 若山 喬一(外務省?) k.wakayama@jiia.or.jp

座長
東京大学法学部教授
北岡伸一 kitaoka@j.u-tokyo.ac.jp

班員
筑波大学人文社会科学研究科国際日本研究専攻 
波多野澄雄 hatano.sumino.gm@un.tsukuda.ac.jp

九州大教授    川本芳昭
国際基督教大教授 菊池秀明
東大准教授    小島毅
学習院大教授   鶴間和幸
東大教授     山内昌之
大阪大教授    坂元一哉
防衛研究所戦史部 庄司潤一郎
※連絡先は判る範囲で随時追加します。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。