クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

戦略的夫婦別姓?

「選択的」とか「例外的」とか反対派を誤魔化すために、わざと判りにくく言葉を補ってみたり、マイルドな印象を感じさせたりします。しかし夫婦別姓に変わりない訳です。実施の度に設問内容の変わるアンケートなども考え合わせると、賛成派の進めているのは戦略的夫婦別姓と呼んだ方が判りやすいかと思う。

賛成派の議論やレポートに、いつも思うことは、子供からの視点が欠如していることと思います。「お父さんとあるいは、お母さんと、私は何故、姓が違うの?」この単純な疑問にはどのように答えるのでしょうか?

夫婦別姓賛成派の目指す究極は、戸籍の廃止だろうと認識しています。
「氏も名も無くし、人間を男女分け隔てなく10桁程の英数字で表す製造番号やネットワークのMACアドレス、あるいはタイムスタンプのようにして、個人の識別する社会を目指します。」とでも言ってくれないだろうか?
その方が何故夫婦別姓が問題なのか、一般の人にも判りやすくなるように思います。

夫婦別姓をキーワードにネットを調べていて、『スターリンの失敗』という情報を見付けました。簡単に言うと国を目茶滅茶にした凄い失敗事例ということのようです。つまり、それを逆手に取り、国を破壊したい人たちが=推進派ということと、改めて認識しました。

↓は、『スターリンの失敗』が記載されたブログにあった動画です。
【千葉展生】「選択的夫婦別姓」の何が問題か? [桜H21/10/7]




稲田朋美・国会質問~夫婦別姓問題

↑この動画の最後の方で、指名も受けていない福島氏が暴走します。答弁に立ちます。大丈夫なんか?この人?って感じです。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 憂国ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

はじめまして

はじめまして。
いろいろも問題のある法案ばかり出てきますね。
福島瑞穂さんは籍も入れていませんし、戸籍廃止を目指していることは明らかです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。