クリック、心より感謝申し上げます。m(_ _)m ☜ まず最初にクリックしていただけると有り難いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

夫婦別姓は家庭に大変な悪影響

亀井静香氏以外にも、同じようなことを思っている議員もいるはず、声を挙げて欲しいものだ。
亀井氏、夫婦別姓に改めて反対「家庭に大変な悪影響与える」
2010.3.5 20:17 産経ニュース

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は5日の参院予算委員会で、千葉景子法相が推進している選択的夫婦別姓導入のための民法改正案について「夫婦別姓は家庭のあり方に大変な悪影響を与える。そうであってはならない」と、改めて反対を表明した。さらに「通称(の使用)で今の日本社会でもうまくやっている。支障があるという方もいるが、たいした支障じゃない」と語った。

どうも法務大臣としての仕事はしてなさそうだ。千葉景子氏は、出したもん勝ちぐらい勢いで、あの手この手で必死だ。。この人がこれほどまでに必死になる夫婦別姓法案だから、とんでもなく日本にとって良くないものだと確信する。日本を解体に追いやったと歴史の名を残したいのだろう。
夫婦別姓法案で千葉法相、党議拘束外しを示唆
2010.3.5 11:01 産経ニュース

 千葉景子法相は5日午前の記者会見で、選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案について、党議拘束をかけずに採決する可能性に言及した。民主党内の保守系議員や国民新党が同法案に反対しているため、党議拘束を外すことで今国会での法案提出に持ち込みたい考えを示唆したものだ。

 千葉氏は会見で「家族観にもかかわるとすれば、自主的な判断で採決したらどうかという意見が従来あった」と指摘。ただ、「基本的には、閣法として提出すれば与党で党議拘束を外すことには、原則ならないものだ」とも述べ、当面は党議拘束をかけることを模索する考えも示した。

 この問題をめぐっては、民主党の平田健二参院国対委員長が先月24日の記者会見で、党議拘束をかけずに採決するのが望ましいとの考えを示している。
応援ありがとうございます。m(_ _)m 励ましのクリックありがとうございます。

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。